〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-13:30/15:00-19:30
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

治療費

当院へ初めてお越しになる方

初診時には、問診・レントゲン撮影/検査・治療内容の説明を行います。
費用と致しましては、約3,000円程度になるとお考え下さい。
(歯の神経を取るなどの処置を行った場合には、4,000円〜5,000円程度かかる場合がございます。)
治療内容にご納得頂けましたら次回来院時より治療を開始致します。

自費診療について

※すべて税抜き価格となっております。

詰め物

ダイレクトボンディング
(プラスチックの詰め物)

虫歯を硬質レジン(白い硬質プラスチック)で詰める処置です。小さな虫歯の治療に向いています。

¥20,000

ハイブリッドインレー

プラスチックとセラミックの中間的な材質の白い詰め物です。奥歯に用いますが、強度はあまり強くありません。

¥50,000

セラミックインレー

天然歯に近い強度で、審美的にも優れた材質です。金属アレルギーの方でも安心です。

¥60,000

ジルコニアインレー

白い詰め物で、かなり強度があります。透明感にやや欠けますが、歯ぎしりや食いしばりのある方にお勧めです。

¥60,000

ゴールドインレー

天然歯との適合が良く、長期間安心して使うことが出来ます。硬いものを噛んでも割れる心配もありません。噛み合わせの馴染みが最も良いです。

¥60,000

 

被せ物

オールセラミッククラウン

ジルコニアセラミックやE-Maxなど数種類の材質があります。審美性に優れ、金属アレルギーの方でも安心して使えます。ケースによって、材質を使い分けします。

¥120,000

ジルコニアクラウン

「白い金属」と呼ばれるジルコニアで出来た被せ物で、極めて強度が高い被せ物です。透明感に欠けるので、大臼歯への使用に向いています。前歯には向いていません。

¥100,000

メタルセラミッククラウン

金属の表面にセラミックを焼き付けた、歴史のある被せ物です。金属を使用することで、応用範囲が広く、すべてのケースに適応できます。歯の透明感はやや劣ります。

¥100,000

ゴールドクラウン

天然歯との適合が良く、長期間安心して使うことが出来ます。硬いものを噛んでも割れる心配もありません。噛み合わせの馴染みが最も良いです。

¥80,000

ラミネートベニア

歯の表面に付ける、付け爪のような薄いセラミックです。歯を削る量が少なくて済みます。

¥80,000

プロビジョナルレストレーション
(プラスチック製の仮歯)

プラスチック製の仮歯です。治療が終わるまで、歯の保護や審美性の確保、噛み合わせの調整などのために装着します。

¥5,000

 

コア 

ファイバーコア

ファイバーの心棒で補強した白い土台です。歯根への応力の集中を防ぎ、歯根破折を防止します。オールセラミッククラウンの土台に使うことで、透明感のある自然な色の歯にすることができます。

¥20,000

メタルコア(シルバー、パラジウム合金)

金属製の土台で、強度があります。金属の色が歯肉から透けて暗く見えることがあります。

¥20,000

メタルコア(プラチナゴールド)

金属製の土台ですが、金を多く含むので適合が良く、歯の変色も起こしません。

¥25,000

ホワイトニング 

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。マウスピーストレーに薬剤を入れて歯を白くします。透明感のある白さが得られます。十分な効果を得るには2週間以上の使用をおすすめします。

¥20,000

追加ジェル(1本)

ホームホワイトニング用の追加ジェルです。さらなる白さを追求する方、リタッチを行いたい方におすすめです。

¥2,500

オフィスホワイトニング

医院で行うホワイトニングです。高濃度の薬剤を使用するため効果がすぐ表れ、時間のない方におすすめです。

¥30,000

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせたホワイトニング法です。それぞれの長所を兼ね備えており、高いホワイトニング効果が得られるおすすめのホワイトニング法です。

¥40,000

ウォーキングブリーチ(変色歯の漂白)

失活歯(神経を抜いた歯)の変色を白くするホワイトニング法です。

1歯1回¥4,000

歯肉漂白(メラミン色素除去)

歯茎の表面の色素を取り除く処置です。ピンク色のきれいな歯茎になります。

片顎¥3,000

 

精密根管治療

前歯

根管が1本の根管治療です。比較的難易度の低い根管治療です。

¥50,000

小臼歯

根管が1~2本の根管治療です。治療の難易度は中等度です。

¥60,000

大臼歯

根管が3~4本の根管治療です。難易度が極めて高い治療で、治療時間もかかります。

¥70,000

歯根端切除

根管治療では治らない、歯根の先端の病巣を外科的に取り除く方法です。

¥50,000

MTA

歯根に開いた穴(穿孔、パーフォレーション)を塞ぐために使う特殊なセメントです。

¥15,000

歯牙移植

自分の歯を抜いたところに移植する処置です。

¥50,000

 

歯列矯正

部分矯正基本料

前歯や奥歯、上顎あるいは下顎など、歯並びの気になるところを部分的に治す矯正治療です。治療の難易度によって料金が異なります。

¥100,000~

全顎矯正基本料
(セラミックブラケット)
(デーモンシステム)

歯並びや噛み合わせを全体的に治す矯正治療です。全顎矯正では、ただきれいに治すだけでなく、噛み合わせのバランスを正しく整えることを目的としています。装着する装置によって治療期間や料金が異なります。

¥750,000
¥800,000

小児矯正基本料

成長期にお子様の歯列不正や噛み合わせ異常を部分的に治し、正常な発育を促す治療です。

¥350,000

インビザライン

マウスピースを使った矯正治療法です。歯に装置を付けないので違和感が少なく、見た目も気になりません。比較的簡単なケースが適応で、一日20時間以上の装着が必要です。

¥900,000

舌側矯正(リンガル矯正)基本料

歯の裏側に装置を付ける治療法で、治療をしていることを誰からも気づかれません。一方で、ブラッシングが難しく、しゃべりにくい、治療期間がかかる、費用が高額、適応症が限られるなどの欠点もあります。

¥1,200,000

調整費用

基本的に3~4週間に一回、装置やワイヤーの調整・交換などを行います。

¥5,000 / 調整毎

保定装置費用

歯並びの後戻りを防止する装置です。取り外し式のものと、固定式のものがあります。基本料に含まれます。

無料

矯正用インプラント(プレート)

チタンプレートタイプの矯正用インプラントです。強力な固定源として効果が高く、特に難しいケースに適応します。

1装置¥60,000

矯正用インプラント(ミニスクリュー)

小さなネジタイプの矯正用インプラントです。処置がとても簡単で、痛みや腫れもほとんど出ません。治療期間の短縮や非抜歯治療に効果を発揮します。

1本¥20,000

小臼歯便宜抜歯(1歯)

矯正治療に伴う抜歯の費用です。お薬代なども含みます。

¥6,000

 

インプラント

 

インプラント(1本)

インプラントを骨の中に埋め込む手術です。処置やレントゲン撮影、お薬などの費用をすべて含みます。

¥200,000

アバットメント(ジルコニア)

インプラントの上部に取り付ける、チタン製の土台です。強度があるので、強い咬合力がかかる臼歯部への応用に向いています。

¥60,000

アバットメント(チタン)

インプラントの上部に取り付ける、ジルコニア製の土台です。白い材質なので、オールセラミックと組み合わせることで、透明感のある自然な歯に仕上がります。前歯部に向いています。

¥50,000

プロビジョナル(プラスチック製の仮歯)

インプラント用のプラスチックの仮歯です。これを用いて審美性の回復や噛み合わせの調整を行います。

¥20,000

ソケットリフト

上顎臼歯部(奥歯)の骨の厚みが薄い場合に行います。インプラントを入れるホールから人工骨を填入し、上顎洞の中に骨を作る簡便な治療法です。

¥50,000

GBR(骨再生誘導療法)

骨が不足している場合に行う再生治療です。骨の厚みや高さを再生させます。

¥120,000~

サイナスリフト(片側)

上顎臼歯部(奥歯)の骨が薄く、そのままではインプラントが埋入できない場合に適応します。上顎洞の中に骨を作り、骨の深さを増す処置です。

¥200,000

無切開ガイド手術(ガイデッドサージェリー)

歯茎を切開せずに行うインプラント手術です。切開しないため、術後の腫れや痛みが少ないのが特徴です。骨が十分にあることが条件です。

¥100,000~

歯肉移植(FGG,CTG)

歯肉のボリュームが少ない場合や歯肉が脆弱な場合に行う、歯肉の移植手術です。高い審美性の獲得や清掃性の向上、インプラントの長期安定に効果があります。

¥50,000

ソケットプリザベーション

抜歯と同時に、抜歯窩に人工骨を補填する処置です。骨と歯肉のボリュームを維持し、骨造成を避けたり、治療期間の短縮や審美性の獲得を期待できます。

¥40,000
(抜歯費用含む)

静脈内鎮静法

緊張や不安の強い方に、リラックスして手術を受けていただくための点滴です。処置後は、1時間程度休んでいただく必要があります。

¥60,000

 

歯周病外科処置

FOP(フラップオペレーション)

重度歯周病の方に適応する手術です。歯周ポケットを減らし、ブラッシングしやすい環境を獲得します。重度歯周病を根本解決し、口臭にも効果があります。

1歯¥20,000

歯肉移植(FGG,CTG)

歯周病で失われた歯肉を、移植によって増やす手術です。

¥50,000

エムドゲイン

歯周病で溶けた骨や失われた歯のセメント質を再生させる歯周組織再生材料です。

¥80,000

 

予防処置

クイックPMTC

歯垢の染め出しを行わない、短時間で行うクリーニングです。お忙しい方におすすめです。

¥6,000

スタンダードPMTC

歯垢を専用液で染め出し、バイオフィルム(細菌の塊)を徹底的に破壊して取り除くクリーニングです。虫歯や歯周病に対し、高い予防効果を発揮します。

¥10,000

スペシャルPMTC(ヤニ取り)

スタンダードPMTCに加え、タバコのヤニによる汚れを取り除きます。汚れが強い場合には、2回に分けることもあります。

¥15,000

3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)

マウスピースを作成し、歯周病菌に効果のある薬剤を用いて、歯周病を治療する方法です。PMTCと抗生物質の内服を組み合わせることが基本となります。

¥30,000(マウスピース、薬剤含む)

フッ素塗布

虫歯予防のために、歯面に高濃度のフッ素を塗布する処置です。

¥3,000(全顎)

唾液検査

唾液を検査することで、歯や歯茎の健康度、口腔清掃度が分かります。虫歯や歯周病の罹患リスクの指標になります。

¥3,000

歯周病菌DNA検査

歯周病菌のDNAを検査し、原因菌を特定します。歯周内科治療(抗菌療法)を行う指標にします。通常、3DS、PMTCと併用して除菌します。

¥20,000

 

入れ歯

部分義歯(金属床)

ご自身の歯が残っている場合に作る入れ歯です。金属で補強されているので、安定感と強度があり、違和感の少ない入れ歯です。

Co-Cr
チタン
白金

¥350,000
¥400,000
¥500,000

総義歯

ご自身の歯が1本も無い場合に作る入れ歯です。材質によって、厚みや軽さなどの特徴が異なります。

レジン床
Co-Cr
チタン
白金加金

¥200,000
¥350,000
¥400,000
¥500,000

ノンクラスプ・デンチャー

クラスプ(金属のばね)のない、目立たない部分義歯です。

¥100,000~

義歯裏層(リベース)

入れ歯が緩くなった時に行う修理です。

¥10,000

磁性アタッチメント

入れ歯を磁石で維持する装置です。

1装置¥100,000

 

CT撮影料

術前検査

¥7,000

予後確認

¥3,000

医療費控除について

医療費控除は、高額の医療費負担に応じて税金を軽くしようという国の制度です。保険の患者さん負担分はもちろん歯科の保険外の負担も原則として医療費控除の対象になります。
自分や家族の病気、怪我などにより医療費を支払った場合は、確定申告を行うことで一定の金額の所得控除を受けることができます。その年の1月1日から12月31日までの医療費の総額がご家族で年間合計「10万円」または「所得金額の5%」(どちらか少ない額)を超えた場合、納めた税金の一部が還付されます。最高200万円までの医療費控除が受けられます。

対象となる治療は?

医科および歯科受診の保険治療費・保険外治療費(保険診療・入れ歯治療・セラミック治療・矯正治療)、通院のための交通費 ※美容を目的とした矯正歯科や、歯ブラシなどの物品は対象外となります

医療費控除のポイント

一人暮らしで住居が別の場合や、共稼ぎで妻が扶養控除から外れている場合でも、生計が一緒であれば医療費を合算して、夫もしくは妻のどちらからでも申告することできます。
家族の医療費も合算できます。家族の中で一番所得の高い人が、家族の医療費を合算して控除を受ける方が、還付金が多くなります。医療費に関する領収書は大切に保管しておきましょう!交通費の記録も忘れずに!!確定申告をしていない場合、医療費控除は最長5年前までさかのぼって受けることができます。

手続きの方法は?

申告の際には、平成29年分の確定申告から、領収証の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。
※医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要があります。(税務署から求められたときは、提示又は提出しなければなりません)※医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。(医療費通知とは、健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」などです)
(注)平成31年分の確定申告までは、領収書の添付又は提示によることもできます。

①必要な書類等を用意する

医療費控除の明細書(添付)※領収書から必要事項を記入します、医療費通知(原本)、源泉徴収票(給与所得者の場合)、印鑑、通帳、保険金等で補填される金額が分かるもの

②確定申告書に記入

確定申告書は国税庁のホームページ、税務署、市区町村窓口で受け取れます。

③税務署に提出

3月15日までに提出となります。

医療控除シュミレーター

年間医療費
受け取り保険金
年間所得
医療費控除対象額
所得税の還付金
住民税の減税額
還付金・減税額合計

※住民税の減税額は一律10%での計算とする。

詳しくはこちら