〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

前歯部のインプラント治療は難しい!

インプラント治療は、非常に優れた欠損補綴の方法です。

特に、両隣在歯が健康な歯であるならばなおさらです。

 

歯を失ったとき、歯を入れる方法は

①入れ歯

②ブリッジ

③インプラント

の3通りの方法がありますが、あらゆる点でインプラントが優れています。

 

入れ歯では、審美性、快適性、咀嚼効率が著しく損なわれる一方、安価で早く治療が終わるメリットがあります。

ブリッジの場合、両隣在歯を大きく削らなければなりません。これは極めて大きな欠点です。

歯は、治療をしたところからダメになっていくからです。

この点、インプラントは入れ歯と違い固定式で取り外しの煩わしさが無く、何でも噛め違和感もありません。

ブリッジのように健康な歯を削る必要もないのです。

 

ただ、上顎前歯部のインプラント治療は、審美性を獲得するのが非常に難しいのです。

上顎前歯部は、ほとんどの方で歯肉や骨が非常に薄く、歯を抜くと歯肉や骨が極めて早期に委縮してしまいます。

これが、上顎前歯部のインプラント治療を難しいものにしています。

また、インプラントを入れる位置や深さ、埋入角度などのわずかなずれも審美性に強い影響を与えます。

上顎前歯部では、審美性が獲得できなければ、インプラント治療は失敗したことを意味し、このリカバリーは非常に難しいものになります。

したがって、上顎前歯部のインプラント治療は最も難しい歯科治療のひとつといってよいでしょう。

 

初診時。左側(向かって右)の上顎前歯の審美的な改善を希望して来院。診査の結果、歯根破折を認めたため、抜歯が必要と判断された。すべての治療法のメリット・デメリットを十分に説明し、インプラント治療を選択された。

 

抜歯後。抜歯と同時に抜歯窩へ人工骨を填入し(リッジプリザベーションという)、歯槽骨と歯肉の温存を図った。

 

インプラント治療後。スクリュー固定のオールセラミッククラウンにて補綴を行った。インプラント治療では、他の歯に一切負担をかけずに治療をすることが可能。

 

インプラント治療、特に前歯部のインプラント治療では、診査・診断、そして設計がとても大切です。

特に、インプラントの位置が前方に入ったり、埋入深度が浅すぎたり、唇側に傾斜しすぎると、審美性の獲得が難しくなります。

したがって、前歯部のインプラント治療をお受けになる場合には、経験豊富な歯科医院を選ばれることがとても重要といえるでしょう。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12バンセイ室町ビル2F
TEL03-6262-3697

日付:   カテゴリ:インプラント, コラム

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map