〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

  • TOP >  
  • ブログ

ブログ一覧

神田デンタルケアクリニックからのお知らせ

前歯のコンポジットレジン治療による審美不良を、オールセラミッククラウンで綺麗に改善

コンポジットレジンは非常に優れた材料で、小さな虫歯を審美的に治療するのに向いています。

コンポジットレジンは光で硬化させるため、形を自由に付与できるので、虫歯の部分だけをピンポイントで削り、最少の範囲で治療を完結することが出来ます。

また、材料の色が白く、歯の色に近似しているため、審美的に仕上げることも可能です。

 

一方で、強度があまりないのが欠点です。

大きな虫歯をコンポジットレジンで詰めると、欠けたり、外れたり、摩耗したりしやすいのです。

虫歯の範囲が広範囲であったり、神経達するほど深い場合には、セラミックや金属などで歯の形態を回復するほうが、長期的には安定して持つでしょう。

 

コンポジットレジンで治療された前歯。広範囲ににわたってコンポジットレジンが不適合に詰められており、変色も目立つ。きわめて審美性が悪い。前歯の切端(先端)を含んで充填されたコンポジットレジンは、高頻度に破折や脱離をくり返す。このようなケースは、クラウンによる治療の対象となる。

 

上顎中切歯(真ん中2本)をオールセラミッククラウンで補綴(ほてつ;被せること)した。上顎の側切歯(2番目の前歯)や下顎前歯部は、コンポジットレジンにて再治療を行った。審美性が向上し、明るい口元になった。

 

治療法や使用する材料には適材適所があり、その範疇を超えて治療を行うと、良い治療結果は得られません。

基本的には、一度治療したら、良い結果が永く持続することが望ましいでしょう。

再治療を前提とした治療は、長い目で見て歯を失うことになります。

当院では、治療したところが再び悪くならないような治療法や材料のご提案をさせていただきます。

分かり難い点は、どうか遠慮なくご相談ください。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

 

治療期間:3週間

治療費:24万円(税抜き)

治療によるリスク:セラミックは過大な咬合力で欠けることがあります。また、日々の適正なブラッシングを怠ると、歯周炎が惹起されることがあります。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 審美歯科

歯髄壊死に継発した根尖病巣と、歯の変色~根管治療とウォーキング・ブリーチ~

前歯の変色を主訴にお見えになる患者さんは少なくありません。

最近、特に多いのが、歯髄壊死(しずいえし)後の歯の変色です。

歯髄壊死とは、歯の中にある神経(これを歯髄という)が何らかの原因で死んでしまう(壊死)ことを指します。

原因の多くは、深い虫歯や虫歯治療後、外傷により(多くは歯を強くぶつけることによる)歯の打撲や脱臼、歯のクラック(ひび割れ)、咬合性外傷(過大な噛み合わせ)、重度の歯周病、深いくさび状欠損(歯と歯茎の境目の窪み)、稀に矯正治療によるものなどがあります。

 

多くの場合、変色する以前に、歯に痛みやしみるなどの症状があったと思われます。

しかし、様子を見ているうちに痛みやしみる症状が無くなったため気にも留めずにそのまま放置し、気が付いたら歯の色が暗く(茶色く)なってしまったというパターンが多いようです。

 

初診時。右側(向かって右)の上顎前歯の変色を主訴に来院。歯髄壊死による歯の変色が疑われる。診査・診断のためにレントゲン撮影を行う。

 

初診時レントゲン像。歯と歯の間に大きなレジン(白い詰め物)が充填されており、歯根の先端に黒く大きなレントゲン透過像を認めた。歯髄壊死による典型的な根尖病巣。臨床的には、変色以外の症状(腫れや痛みなど)はまったくない。きちんと根管治療を行わないといずれ抜歯になる。

 

根管の中にファイル(針状の治療器具)を挿入し、歯根の長さと方向を確認しているところ。ファイルが歯根の先端までピッタリと届いているのが分かる。根尖病巣が大きいため、数回根管治療を行い、十分に清掃・消毒を行う。

 

根管治療終了時レントゲン。歯根の先端までしっかりと緊密に白い薬が入っているのが分かる。歯根の先端にある根尖病巣によるレントゲン透過像は数か月単位で徐々に小さくなっていくので、定期的にレントゲンによる診査を行う、経過を追う。薬がしっかり入っていないと、ウォーキング・ブリーチの際に薬剤が漏れ出して、歯根吸収(外部吸収)を起こすリスクが高くなるので注意が必要。

 

ウォーキング・ブリーチ後。暗かった歯の色は、歯を被せることなくきれいに漂白された。何よりも、根管治療をきちんと行うことが、歯を永く持たせるためには重要。

 

ウォーキング・ブリーチが適応か否かは、残っている自分の残存歯質の量によって、また歯の変色の程度によって決まります。

あまりにご自身の歯が薄い場合や、歯の変色が極端に強い(黒すぎる)場合には、セラミッククラウンによる治療が望ましいでしょう。

いずれにしても、まずは担当の先生にどのような治療方法が最善か、ご相談してみると良いでしょう。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, ホワイトニング, 根管治療

前歯部のインプラント治療は難しい!

インプラント治療は、非常に優れた欠損補綴の方法です。

特に、両隣在歯が健康な歯であるならばなおさらです。

 

歯を失ったとき、歯を入れる方法は

①入れ歯

②ブリッジ

③インプラント

の3通りの方法がありますが、あらゆる点でインプラントが優れています。

 

入れ歯では、審美性、快適性、咀嚼効率が著しく損なわれる一方、安価で早く治療が終わるメリットがあります。

ブリッジの場合、両隣在歯を大きく削らなければなりません。これは極めて大きな欠点です。

歯は、治療をしたところからダメになっていくからです。

この点、インプラントは入れ歯と違い固定式で取り外しの煩わしさが無く、何でも噛め違和感もありません。

ブリッジのように健康な歯を削る必要もないのです。

 

ただ、上顎前歯部のインプラント治療は、審美性を獲得するのが非常に難しいのです。

上顎前歯部は、ほとんどの方で歯肉や骨が非常に薄く、歯を抜くと歯肉や骨が極めて早期に委縮してしまいます。

これが、上顎前歯部のインプラント治療を難しいものにしています。

また、インプラントを入れる位置や深さ、埋入角度などのわずかなずれも審美性に強い影響を与えます。

上顎前歯部では、審美性が獲得できなければ、インプラント治療は失敗したことを意味し、このリカバリーは非常に難しいものになります。

したがって、上顎前歯部のインプラント治療は最も難しい歯科治療のひとつといってよいでしょう。

 

初診時。左側(向かって右)の上顎前歯の審美的な改善を希望して来院。診査の結果、歯根破折を認めたため、抜歯が必要と判断された。すべての治療法のメリット・デメリットを十分に説明し、インプラント治療を選択された。

 

抜歯後。抜歯と同時に抜歯窩へ人工骨を填入し(リッジプリザベーションという)、歯槽骨と歯肉の温存を図った。

 

インプラント治療後。スクリュー固定のオールセラミッククラウンにて補綴を行った。インプラント治療では、他の歯に一切負担をかけずに治療をすることが可能。

 

インプラント治療、特に前歯部のインプラント治療では、診査・診断、そして設計がとても大切です。

特に、インプラントの位置が前方に入ったり、埋入深度が浅すぎたり、唇側に傾斜しすぎると、審美性の獲得が難しくなります。

したがって、前歯部のインプラント治療をお受けになる場合には、経験豊富な歯科医院を選ばれることがとても重要といえるでしょう。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:インプラント, コラム

下顎前歯は歯石が付きやすい!~プラーク(歯垢)と歯石による歯茎の腫れ~

歯のメンテナンスを怠ると、歯の表面に歯石と呼ばれる硬い付着物が付きます。

この歯石は、歯の磨き残し(プラーク:バクテリアの塊)が唾液のミネラルによって石灰化して硬くなったものです。

ですので、この歯石は歯磨きで取り除くことは出来ません。

歯科医院での機械的な除去が必要になります。

 

プラーク(歯垢:磨き残し)や歯石の付着により、歯肉が炎症を起こし腫れているのが分かる(矢印)。

 

スケーリング(歯石除去)後。歯茎の腫れが引き、歯と歯の間に隙間が出来ている。歯周病がある場合、歯肉の炎症が治って健康な状態になると、このように隙間ができることが多い。

 

特に、下顎前歯の裏側(舌側)は、唾液腺の開口部が存在しているため、歯石が付着しやすい傾向が見られます。

痛むところが無くても、ぜひ定期的なクリーニングを受け、歯周病を予防するように心がけましょう。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:歯周病

歯科医師が最もやりなくないと思う治療~上顎第二大臼歯の根管治療

以前、歯科医師が最もやりたくないと思う治療は何かというアンケケートがありました。

その第一位は、上顎第二大臼歯(上顎の一番奥の歯)の根管治療(神経の治療)という結果でした。

この結果は、歯科医師であれば誰でも頷けます。

なぜなら、治療が最も難しい場所だからです。

上顎の奥歯は、直接見ることが出来ず、かつ器具や手指が入りにくいため、治療は困難を極めます。

その中でも、根管治療は難易度が高く、きちんと正しく行うことは困難です。

ですから、保険の根管治療で上顎の第二大臼歯がきちんと治療されていることはほとんどありません。

 

術前。上顎第二大臼歯の疼痛を訴えて来院。インレー(詰め物)の下に大きな虫歯が残っており、歯髄炎を惹起した。抜髄(ばつずい:根管治療)が必要な状態。

 

根管治療中。根管にファイルを挿入し、根管の長さと方向を確認しているところ。根管が湾曲しており、ファイルが斜めからしか入らないため、治療は困難を極める。

 

根管治療後。根尖(歯根の先端)までしっかりと根管充填されていることが分かる。このように正しくしっかりと充填されていることはほとんどない。

 

根管治療は、歯の基礎工事にあたる部分であり、ここがきちんと治療されていなければ、歯はいずれ中から腐ってダメになります。

歯が長く持つように正しく治療を行うには、十分な時間と良質な材料、高度な技術が必要で、このためにはコストが伴います。

どうか、ご理解のほどよろしくお願い致します。

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:根管治療

臼歯部の咬合面へのレジン充填は、欠けやすく、噛み合わせを悪くする!

現在の歯科治療では、MI(ミニマル・インターベンション:最少の侵襲)という考えが主流となっています。

これは、最少の侵襲で最大の治療効果を発揮するという意味で、全くもって同意できます。

虫歯治療においてMIを行う場合、虫歯に罹患した歯質だけを削合し、健康歯質を極力温存することを意味します。

そして、このMIを実践しようとする場合、材料ではコンポジットレジン(白いプラスチック)の応用が最も理に適っていると言えます。

コンポジットレジンは、その高い賦形性により、複雑な窩洞(かどう:虫歯治療で出来た穴)に緊密かつ簡単に詰めることが可能です。

また高い審美性も兼ね備えているので、特に前歯部の小さな虫歯に対しては、コンポジットレジンが治療で用いる唯一の材料であるともいえるでしょう。

これらの長所を持ちながら、材料費は極めて安価なのです。

このため、近年の虫歯治療で使用する材料の第一選択となっています。

 

ところが、このコンポジットレジンは、強度(特に摩耗性)においてメタルやセラミックと比べてはるかに劣り、大きな咬合力がかかる場所に使用すると破折や摩耗を生じます。

破折は患者さんも気が付きやすいのでやり直しをすればよいのですが、摩耗の場合にはそうはいきません。

摩耗は徐々に起こるため、患者さんがそれに気が付くことはありません。

このため、長期にわたって摩耗が進むことで、摩耗した部分に対合する歯の咬頭(こうとう:歯の尖りの部分)が噛み込むように移動し、噛み合わせに重大な問題を生じてしまうのです。

このようなことが生じると、顎を動かしたときに上下の歯同士が引っ掛かるようになり、咬合性外傷による歯のぐらつきや、歯の破折、痛み、顎関節症の惹起など、多くの問題を生じるようになります。

実は、多くの歯科医師がこの咬合の問題をきちんと捉えてはいないのです。

 

臼歯部の咬合面に充填してあるコンポジットレジン(矢印)。摩耗と劣化が顕著。小さい窩洞であれば大きな問題は生じないが、大きい窩洞では破折や摩耗により噛み合わせに重大な問題を起こす。

 

 

コンポジットレジンによる治療は、白くて目立たない治療が短期間で安価でできるという点で患者さんの満足度が高い治療です。

歯科医師側としても、MIの概念に基づいた治療であり、即日治療(1日で治療が終わる)が可能で、しかも材料代が安価であるレジン充填は非常に重宝されています。

しかしながら、私は、治療は長期にわたって患者さんの健康を守ることを最大の目的と考えており、材料においては適材適所での使用が原則であると考えています。

患者さんの考えやご希望は最大限に尊重しつつ、一方で医学的に正しいであろうと考えていることは率直にお話し、十分な情報提供した上で各種治療法や材料の選択を行うことが大切でしょう。

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:噛み合わせ

保険の不適合な差し歯は、歯茎の炎症と変色を惹起する!

歯茎の変色を主訴に来院する方は少なくありません。

保険の差し歯は、白い部分がレジン(プラスチック)で出来ており、このレジンは吸水性および摩耗性があって変色を起こすため、審美的に問題となります。

また、プラーク(磨き残し)が表面に付着しやすいため、歯茎の炎症を引き起こします。

 

もともと、保険の差し歯は歯との適合性が悪く(フィットが悪い)、歯と被せ物の間に隙間や段差を生じやすいため、歯茎の炎症(腫れや出血など)を起こします。

歯茎の炎症は、やがて歯根を支える歯槽骨を溶かし、歯周病へと発展していきます。

フロスや歯間ブラシを通すと臭いが付くという訴えのほとんどは、差し歯の不適合が原因になっています。

 

初診時。左上側切歯と犬歯の差し歯の部分の歯茎の変色を主訴に来院。同部には保険の差し歯が入っていた。歯茎は黒紫色で炎症があり(ブラックマージン)、差し歯の変色による審美障害と不適合を認める。正しい再根管治療を行ったうえで、オールセラミッククラウンでの被せなおしによる再治療を提案した。

 

治療後。歯茎の炎症が改善し、黒紫色だった歯茎は健康なピンク色に改善した。精密な型取りをして製作したセラミックは適合がきわめて良く、プラーク(磨き残し)もほとんど付着しないため歯茎の炎症は起こりにくい。

 

たとえ、セラミックで治療を行ったとしても、歯肉圧排(歯と歯茎の間に糸を入れる処置)や精密印象(シリコン印象材を使用した型取り)を行って治療を行わなければ、適合の良い精密な被せ物は出来ません。

そのためには、適切な手技、良質な材料、そして十分な治療時間の確保とそれに伴うコストが必要になります。

どうかご理解のほど、よろしくお願い致します。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 審美歯科

保険の差し歯のブラックマージンをオールセラミックで自然な色合いに!

差し歯と歯茎の境目が黒くなるブラックマージン。

特に、保険の差し歯は歯との適合が悪く、ブラックマージンになりやすいです。

ブラックマージンを改善するためには、基本的に差し歯をやり替える必要があります。

 

治療前。前歯の審美障害を主訴に来院。左上の前歯に保険の差し歯が入っているが、適合が悪く、歯と歯茎の境目が黒くなっている(ブラックマージン)。差し歯の色も自分の歯と全然合っていない。

 

治療後。根管治療を精密に行い、差し歯をオールセラミッククラウンにて被せなおした。歯に縞模様や白帯(バンディング)があり難しい色合いであったが、自然で調和のとれた仕上がりになっている。

 

歯の神経が無くなると、歯の色が黒くなったり、金属が入っているとイオン化して歯に変色が起こったりします。

歯そのものが変色していると、一度被せなおしても、歯茎が痩せると将来ブラックマージンが再発します。

また、金属の被せ物やコア(土台)の削りカスが歯茎に迷入すると金属イオンが沈着し、歯茎の色が黒くなることもあります。

このような場合には、差し歯をやり替えても、歯茎の黒ずみは治らないので、歯茎の切除や移植が必要になることもあります。

このようなトラブルにならないためにも、毎日のセルフケアと定期的な検診による虫歯予防は欠かせないのです。

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 審美歯科, 審美歯科

根未完成の親知らずの抜歯~矯正治療後の後戻り

矯正治療では、歯の移動が終わると保定(ほてい)と呼ばれる処置をします。

矯正治療で歯並びが良くなると矯正装置を外しますが、この時、なにもせずに外したままにしておくと、徐々に元の歯並びの方に歯が戻ろうとします。

これを後戻り(リラップス)と呼んでいます。

 

せっかくきれいになった歯並びも、後戻りしてしまっては元も子もありません。

このため、矯正治療が終わったらリテーナーと呼ばれる取り外し式の装置や、固定式のFixなどを一定期間装着しておく必要があります。

 

また、親知らずがある場合には、これが動いて歯並びを悪くする可能性があります。

このため、邪魔な親知らずは後戻りを見越して抜歯しておく必要があるのです。

 

まだ、歯根が未完成の親知らず。これから歯根が成長する時期は手前の歯に押す力が加わるため、歯列不正を起こしやすい。もし可能なら、保定が終了するまでには抜いておいた方が良い。

 

抜歯した根未完成の親知らず。分割して抜去した。

 

抜歯直後の口腔内。きれいに縫合してあり、出血はほとんどない。

 

現代の日本人は、親知らずが正常に萌出できる顎のスペースがほとんどありません。

したがって、矯正治療が必要な方は親知らずの抜歯が必要なことが多いようです。

親知らずの抜歯を勧められたら、勇気を出して抜歯してもらいましょう。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 抜歯

歯列矯正用インプラント・smapシステム~プレートタイプ・インプラント~

近年、歯列矯正にインプラントがよく用いられるようになってきました。

インプラントを歯列矯正に用いるメリットは、

●歯を動かすための固定源の強化

●歯の後方(奥)への移動

●歯の圧下(歯をの根の中に押し込む)

●咬合平面の修正

●非抜歯矯正

●治療期間の短縮

などがあげられます。

インプラントを応用することによって、従来では難しかった治療も可能になってきました。

 

矯正用インプラントには、スクリュータイプとプレートタイプがあります。

スクリュータイプは、非常に細くて短いネジで、これを歯茎の上から骨に留めて使用します。

処置による痛みや腫れはほとんどないメリットがありますが、比較的緩みやすい欠点があります。

緩んだ場合には、一度外して付けかえる必要があります。

 

一方、プレートタイプのインプラントは、歯茎を切開して骨の表面にビスで留めるため、固定が非常に強力で緩みにくく、多数歯をいっぺんに動かしたり、様々な歯の移動が可能です。

ただ、処置後は腫れや痛みが出やすいのが欠点です。矯正治療中も、しばしば腫れたりすることがあります。

 

プレートタイプ・インプラント(smap システム)を設置したところ。3本のビスで骨の表面に強力に固定でき、あらゆる歯の移動に使用できる。

 

歯の治療は、なるべく最少の侵襲で最大の効果を発揮することが望ましいと思います。

ただ、いくら低侵襲であっても、目的をきちんと果たせなければ意味がありません。

どの治療法にも、利点と欠点がありますので、それぞれをよく吟味したうえで治療計画を立てること重要となります。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map