〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

根未完成の親知らずの抜歯~矯正治療後の後戻り

矯正治療では、歯の移動が終わると保定(ほてい)と呼ばれる処置をします。

矯正治療で歯並びが良くなると矯正装置を外しますが、この時、なにもせずに外したままにしておくと、徐々に元の歯並びの方に歯が戻ろうとします。

これを後戻り(リラップス)と呼んでいます。

 

せっかくきれいになった歯並びも、後戻りしてしまっては元も子もありません。

このため、矯正治療が終わったらリテーナーと呼ばれる取り外し式の装置や、固定式のFixなどを一定期間装着しておく必要があります。

 

また、親知らずがある場合には、これが動いて歯並びを悪くする可能性があります。

このため、邪魔な親知らずは後戻りを見越して抜歯しておく必要があるのです。

 

まだ、歯根が未完成の親知らず。これから歯根が成長する時期は手前の歯に押す力が加わるため、歯列不正を起こしやすい。もし可能なら、保定が終了するまでには抜いておいた方が良い。

 

抜歯した根未完成の親知らず。分割して抜去した。

 

抜歯直後の口腔内。きれいに縫合してあり、出血はほとんどない。

 

現代の日本人は、親知らずが正常に萌出できる顎のスペースがほとんどありません。

したがって、矯正治療が必要な方は親知らずの抜歯が必要なことが多いようです。

親知らずの抜歯を勧められたら、勇気を出して抜歯してもらいましょう。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12バンセイ室町ビル2F
TEL03-6262-3697

日付:   カテゴリ:コラム, 抜歯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map