〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

埋伏歯を、歯列矯正で引っ張り出す方法

歯が歯茎の中に埋まってしまう埋伏歯(まいふくし)。

骨の中の深い場所に埋まったものは、基本的にそのままでも支障はありません。

ただし、歯列矯正を行おうとする場合や、インプラントを埋入しようとする場合には、しばしばこの埋伏歯が問題になります。

 

特に、歯列矯正においては、本来必要な歯が埋伏してしまうと、正しい歯並び、噛み合わせを獲得できなくなります。

もし、埋伏してしまった歯でも、正しい場所に引っ張りだすことが出来れば非常に有益です。

引っ張り出すことが難しければ、やむを得ず抜歯を行うことになります。

 

埋伏してしまった下顎の第二大臼歯(矢印)。近年、顎の発達が悪くなり、歯の大きさが大きくなった日本人では、親知らずだけでなく、その手前の第二大臼歯の埋伏もみられるようになっている。

 

埋伏歯を開窓(かいそう)し、ブラケットを装着した。かなり舌側(内側)に傾斜しているのが分かる。矯正治療を応用すれば、埋伏した歯を正常な場所に誘導することが可能になることがある。

 

埋伏した歯があると、見た目や歯並びの不具合だけでなく、噛み合わせにも重大な問題を生じることがあります。

埋伏歯を矯正治療で動かくためには、なるべく骨が柔らかい若いうちに行う必要があります。

歯が生える年齢が過ぎても歯が生えてこない場合には、一度歯科医院で診査をしていただくことをおすすめします。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12バンセイ室町ビル2F
TEL03-6262-3697

日付:   カテゴリ:コラム, 矯正歯科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map