〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

奥歯の固定を強くする歯列矯正装置~ホールディングアーチ~

抜歯矯正では、前歯と奥歯をエラスティックチェーン(ゴム)で綱引きを行います。

これによって、抜歯したスペースに予定していた歯を動かして歯を並べていきます。

上顎と下顎の歯では、実は歯の動きやすさが異なります。

これは、主に歯根を支えている歯槽骨の硬さが上下顎で異なるからです。

上顎の骨は、下顎の骨に比べて柔らかく、特に臼歯部(奥歯)では顕著に柔らかいです。

このため、上下の奥歯の噛み合わせ関係が適正(正常、Ⅰ級咬合)な場合、上下を同じようにエラスティックチェーンで引き合うと、上顎の臼歯部がアンカーロスして近心(前方)に動いてしまいます。

もともと臼歯部関係が正常なⅠ級咬合では、Ⅱ級咬合(下顎遠心咬合:出っ歯)になってしまうことを意味します。

これでは、矯正治療後に正常な咬合関係を確立することが出来ません。

このような場合に使用するのがホールディングアーチと呼ばれるものです。

 

上顎前突(出っ歯)であったため、上顎の第一小臼歯を抜歯して(矢印)前歯を後方へ動かしたい。このために奥歯を加強固定する必要がある。

 

上顎に装着したホールディングアーチ。左右の第一大臼歯と口蓋粘膜に装置を装着し、固定源となる奥歯を補強する。抜歯したスペースが閉じているのが分かる。

 

近年では、矯正用インプラントが普及しているため、ホールディングアーチの使用頻度は減っています。

しかし、奥歯の固定には非常に有効な手段ですので、違和感はありますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12バンセイ室町ビル2F
TEL03-6262-3697

日付:   カテゴリ:コラム, 矯正歯科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map