〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

矯正治療で歯並びが良くなると、歯と歯の間に隙間ができる!

歯並びが悪く、乱杭歯(凸凹、クラウディング)がある場合、矯正治療で歯並びが良くなると、歯と歯の間に隙間が出来ようになります。

これは歯同士の重なりが紐解けていくことによるもので、歯列矯正で歯を動かすと歯茎(歯肉)がやや退縮する傾向があります。

 

矯正治療中。乱杭歯が強かったため、前歯を1本抜歯して歯を並べている。

 

矯正治療後。歯と歯の間の隙間が顕著。乱杭歯(凸凹)が強いと、このように歯と歯の間に隙間を生じやすい。

 

この歯と歯の間の隙間が気になる場合、歯間部を少し削るディスキングを行い、歯と歯同士を引き合うことによって、隙間を少し減らすことが可能です。

また、隙間の部分にコンポジットレジン(白いプラスチック)を詰めて隙間を少なくする方法もあります。

ただし、コンポジットレジンは経年的に劣化して変色しますし、ブラッシングがしにくくなり虫歯になりやすくなるため、あまりお勧めは出来ません。

あまり気になるようでなければ、そのままいじらず、しっかりとブラッシングによる管理をすることをおすすめします。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12バンセイ室町ビル2F
TEL03-6262-3697

日付:   カテゴリ:コラム, 矯正歯科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map