〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

カテゴリ: インプラント

インプラント治療の優位性~なぜ歯医者はインプラントを勧めるのか?~

歯を失った場合、そのままにしておくと残っている自分の歯が移動して、噛み合わせの崩壊が起こります。

したがって、歯を抜いたら、基本的には人工の歯を入れる必要があります。

多くの場合、何らかの原因で奥歯がダメになって抜歯となり、次いで下顎の前歯が上顎の前歯を突き上げて噛むようになって上顎の前歯がダメになります。

これは、力学的な問題であり、奥歯の噛み合わせがしっかりしていないと、上顎の前歯に負担がかかることを意味しています。

奥歯の噛み合わせが崩壊していて、上顎の前歯を治したいと訴える患者様が時々いますが、順番から言うと治すべきはまず奥歯なのです。

奥歯がしっかりと噛みあっていなければ、いくら費用をかけて治しても、前歯は時間の問題でダメになってしまいます。

 

また、奥歯の噛み合わせの崩壊は、頭痛や首こり、肩こりなどの原因にもなります。

ですから、治療計画を考える上で、奥歯の治療はとても優先順位が高いと言えます。

 

そして、歯を入れる方法がとても重要です。

歯を失った場合、歯を入れる方法は主に次の3通りです。

①入れ歯

②ブリッジ

③インプラント

 

入れ歯は、使用していると徐々に緩くなって合わなくなったり、噛み合わせが減ってしまうため、結局は前歯が強く当たるようになりダメになります。

入れ歯を掛けている歯も揺らされるため、やがては抜歯になる運命です。

 

ブリッジはとてもポピュラーな治療法ですが、ブリッジを掛けた歯の負担が重くなり、歯根の破折や咬合性外傷になって骨が溶け、歯がダメになります。

そもそもブリッジは、残っている自分の歯がしっかりとしていなければいけませんし、欠損した両隣に歯が残っていなければブリッジにはできません。

 

この点、インプラントは噛み合わせをしっかりと与えることができ、噛み合わせがすり減ることもないので、本来の前歯を守る役目をしっかりと果たしてくれます。

ブリッジのように、両隣に歯が残っていなくても問題なく、自分の歯に負担をかけることもないため、現在では、欠損補綴の第一選択となっています。

 

下顎の両側遊離端欠損(奥に歯が残っていないケース)。片側に2本づつインプラントを埋入し、インプラントでのブリッジを計画した。写真はチタンアバットメントを装着したところ。以前は、1歯欠損に対して1本のインプラントを埋入することが主流であったが、現在ではメンテナンスの容易さ、費用対効果、インプラント自体の強度の向上等により、インプラントでのブリッジも可能。

 

模型上で制作されたチタンアバットメント。インプラントとセラミッククラウンなどの上部構造を繋げる役目がある。

 

チタンアバットメントの上部に制作されたジルコニア・オールセラミックブリッジ。現在セラミックの主流となっているジルコニアは、強度が非常に高いため破損しにくく、噛み合わせ高さをしっかりと保ちつつ、高い審美性も獲得できる。

 

ジルコニア・オールセラミックブリッジ。金属を使用しないので破損しにくく、審美性も優れている。

 

治療後。奥歯がしっかりと入ることによって、前歯の負担が著しく改善した。噛み合わせも安定し、何でもしっかりと食べられるようになるとともに、頭痛や首こり、肩こりなどの不定愁訴が改善されることも珍しくはない。ジルコニアブリッジによる補綴により、審美的にも満足のいくものとなっている。

 

治療方法を決めるにあたっては、何に重きを置くかは大きな問題です。

治療費、治療期間、治療に対する不安、審美性、治療効果の永続性など、ヒトそれぞれ希望は異なります。

現在、歯を失った場合の治療法で最も優れていると思われるのは、インプラント治療であることはほぼ間違いないでしょう。

しかし、最も重要なことは、受ける治療がご自身の希望に適う治療であるということです。

治療の結果は、最終的には治療法を選択した患者さんに帰すからです。

治療法で迷われたら、納得のいくまで担当の先生と相談されることをおすすめします。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:インプラント, コラム

詳解!インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れについて解説します。

まず、インプラント治療をお受けになる前提として、歯を抜かなけらばならない、或いはすでに歯を抜いた状態であることが必須です。

ここでは、歯をすでに抜歯してあることを前提に解説していきます。

 

下顎大臼歯が歯根破折により抜歯となった。通常、抜歯してから骨が回復するまでおおよそ3~6か月ほどの治癒期間が必要。インプラント治療は基本的には骨が治癒した状態から行うことが多い。

 

インプラント埋入手術後。歯肉を縫合するので、術後の出血はほとんどない。骨が十分にあるケースでは、10~15分程度の処置で終わることが多い。

 

インプラント手術2か月後。骨とインプラントが結合するのに、1~3か月ほど安静期間を置く。インプラントの表面性状や骨の硬さにより、骨と結合するスピードは異なる。

 

インプラントにチタン・アバットメント(土台)をネジで装着したところ。この上に歯を制作していく。

 

アバットメントの上にセラミッククラウンを被せた。インプラント治療の最大のメリットは、両隣の歯を削らずに済むこところにある。機能的にも審美的にも満足いく結果となった。

 

歯を抜いた場合、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3通りの治療法があります。

それぞれ一長一短がありますが、自分の歯に最も負担をかけない治療法はインプラント治療です。

骨の十分にあるところに行うインプラント治療は、根管治療などに比べれば遥かに容易な治療ではありますが、治療方法の選択に当たっては、それぞれのメリット・デメリットを十分に考慮することが重要といえるでしょう。

詳しくは、担当の先生にご相談してみましょう。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:インプラント, コラム

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map