〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

カテゴリ: 歯周病

歯周病手術(FOP;フラップ・オペレーション)後の歯肉退縮(歯茎が下がる)は避けられない

歯周病は、口腔内の歯周病原菌やその病原菌が産生する毒素によって、歯茎や歯根を支える歯槽骨が炎症を起こす病気です。

日本人の成人の実に8割ものひとが歯周病であると言われています。

軽度の歯周病では、歯茎の出血くらいの症状しかなく、自分でも歯周病であると気づくことは少ないでしょう。

しかし、重度の歯周病では、歯の歯根を支える歯槽骨が大幅に溶けて、歯茎が痩せたり、歯がぐらついたり、歯が冷たいものでしみるようになります。

歯周病は、一回進行すると、基本的に元の状態に戻ることはありません。

一度失われた骨や歯茎が、完全な形で回復することは望めないのです。

ですから、予防がとても重要な意味を持つのです。

 

 

初診時。重度の歯周病。多量の歯石と、歯茎の退縮を認める。ほとんどの歯が、風をかけるだけでぐらついてしまい、食事も満足にとることは難しい。まず、正しいブラッシングの徹底と、基本的な歯周病治療としてスケーリング(歯石除去)やルートプレーニング(根面の滑沢化)を行っていく。その後、治癒状況を確認し、必要に応じて歯周病の手術(FOP;フラップ・オペレーション)を行っていく。

 

FOP(フラップ・オペレーション)術後。歯や歯根の表面の汚れや歯石を除去した後に、予後の悪い部位に対してFOPに踏み切った。術前と比べると、歯茎の腫れは治まっているが、歯と歯の間の隙間(矢印)が顕著。歯根が露出するので、FOP後は歯の知覚過敏が出るることが多い。

 

歯周病は、病状がかなり進行しないと症状が現れないサイレント・ディジーズ(静かな病気)です。

歯のぐらつきなどの症状が出たときには、すでに治療としては手遅れのことが少なくありません。

このようにならないために、歯科医院への定期的な受診は欠かせないのです。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 未分類, 歯周病

歯茎(歯肉)の腫れの原因~クラウンの不適合~

歯茎(歯肉)が腫れる原因はいくつかあります。

①清掃不良(ブラッシング不足)

②歯周病

③根尖病巣(根管治療の不具合)

④歯根破折

⑤パーフォレーション(穿孔、根の横に穴が開いている)

⑥被せ物(クラウン)や詰め物の不適合

 

これらの中で、ご自身の自助努力で歯茎の腫れが改善できるのは清掃不良によるものだけです。

それ以外のものは、根本的に治療を行わなければ歯茎の腫れは改善しません。

 

治療前。上顎前歯に被せ物が入っているが、歯との適合が悪いため歯茎が炎症を起こし腫れている。バクテリアは、ほんのわずかな隙間や段差でも入り込むため、被せ物や詰め物が不適合だときちんと清掃できず、歯茎が炎症を起こす。

 

治療後。根管治療をきちんと行った後、オールセラミッククラウンで被せなおしをした。精密な被せ物は、歯茎との調和も良く、歯茎の腫れや赤みが改善しているのが分かる。審美的にも満足のいくものになっている。

 

歯茎の炎症の兆候は、歯茎からの出血、発赤、腫脹、痛みなどがあります。

歯茎の炎症をそのまま放置すると、やがて炎症は骨に達し、歯槽骨が溶けて歯周病に発展します。

基本的に、適合性の悪いクラウンはやり替えが必要でしょう。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:歯周病

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map