〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

カテゴリ: 矯正歯科

歯列矯正用インプラント・smapシステム~プレートタイプ・インプラント~

近年、歯列矯正にインプラントがよく用いられるようになってきました。

インプラントを歯列矯正に用いるメリットは、

●歯を動かすための固定源の強化

●歯の後方(奥)への移動

●歯の圧下(歯をの根の中に押し込む)

●咬合平面の修正

●非抜歯矯正

●治療期間の短縮

などがあげられます。

インプラントを応用することによって、従来では難しかった治療も可能になってきました。

 

矯正用インプラントには、スクリュータイプとプレートタイプがあります。

スクリュータイプは、非常に細くて短いネジで、これを歯茎の上から骨に留めて使用します。

処置による痛みや腫れはほとんどないメリットがありますが、比較的緩みやすい欠点があります。

緩んだ場合には、一度外して付けかえる必要があります。

 

一方、プレートタイプのインプラントは、歯茎を切開して骨の表面にビスで留めるため、固定が非常に強力で緩みにくく、多数歯をいっぺんに動かしたり、様々な歯の移動が可能です。

ただ、処置後は腫れや痛みが出やすいのが欠点です。矯正治療中も、しばしば腫れたりすることがあります。

 

プレートタイプ・インプラント(smap システム)を設置したところ。3本のビスで骨の表面に強力に固定でき、あらゆる歯の移動に使用できる。

 

歯の治療は、なるべく最少の侵襲で最大の効果を発揮することが望ましいと思います。

ただ、いくら低侵襲であっても、目的をきちんと果たせなければ意味がありません。

どの治療法にも、利点と欠点がありますので、それぞれをよく吟味したうえで治療計画を立てること重要となります。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

奥歯の固定を強くする歯列矯正装置~ホールディングアーチ~

抜歯矯正では、前歯と奥歯をエラスティックチェーン(ゴム)で綱引きを行います。

これによって、抜歯したスペースに予定していた歯を動かして歯を並べていきます。

上顎と下顎の歯では、実は歯の動きやすさが異なります。

これは、主に歯根を支えている歯槽骨の硬さが上下顎で異なるからです。

上顎の骨は、下顎の骨に比べて柔らかく、特に臼歯部(奥歯)では顕著に柔らかいです。

このため、上下の奥歯の噛み合わせ関係が適正(正常、Ⅰ級咬合)な場合、上下を同じようにエラスティックチェーンで引き合うと、上顎の臼歯部がアンカーロスして近心(前方)に動いてしまいます。

もともと臼歯部関係が正常なⅠ級咬合では、Ⅱ級咬合(下顎遠心咬合:出っ歯)になってしまうことを意味します。

これでは、矯正治療後に正常な咬合関係を確立することが出来ません。

このような場合に使用するのがホールディングアーチと呼ばれるものです。

 

上顎前突(出っ歯)であったため、上顎の第一小臼歯を抜歯して(矢印)前歯を後方へ動かしたい。このために奥歯を加強固定する必要がある。

 

上顎に装着したホールディングアーチ。左右の第一大臼歯と口蓋粘膜に装置を装着し、固定源となる奥歯を補強する。抜歯したスペースが閉じているのが分かる。

 

近年では、矯正用インプラントが普及しているため、ホールディングアーチの使用頻度は減っています。

しかし、奥歯の固定には非常に有効な手段ですので、違和感はありますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

埋伏歯を、歯列矯正で引っ張り出す方法

歯が歯茎の中に埋まってしまう埋伏歯(まいふくし)。

骨の中の深い場所に埋まったものは、基本的にそのままでも支障はありません。

ただし、歯列矯正を行おうとする場合や、インプラントを埋入しようとする場合には、しばしばこの埋伏歯が問題になります。

 

特に、歯列矯正においては、本来必要な歯が埋伏してしまうと、正しい歯並び、噛み合わせを獲得できなくなります。

もし、埋伏してしまった歯でも、正しい場所に引っ張りだすことが出来れば非常に有益です。

引っ張り出すことが難しければ、やむを得ず抜歯を行うことになります。

 

埋伏してしまった下顎の第二大臼歯(矢印)。近年、顎の発達が悪くなり、歯の大きさが大きくなった日本人では、親知らずだけでなく、その手前の第二大臼歯の埋伏もみられるようになっている。

 

埋伏歯を開窓(かいそう)し、ブラケットを装着した。かなり舌側(内側)に傾斜しているのが分かる。矯正治療を応用すれば、埋伏した歯を正常な場所に誘導することが可能になることがある。

 

埋伏した歯があると、見た目や歯並びの不具合だけでなく、噛み合わせにも重大な問題を生じることがあります。

埋伏歯を矯正治療で動かくためには、なるべく骨が柔らかい若いうちに行う必要があります。

歯が生える年齢が過ぎても歯が生えてこない場合には、一度歯科医院で診査をしていただくことをおすすめします。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

歯列矯正へのインプラントの応用~矯正用インプラントの応用で、非抜歯での矯正治療が可能に!~

歯の大きさと顎の大きさの不調和(ディスクレパンシー)が、歯並びが悪くなる大きな要因です。

例えるなら、4人掛けの椅子に5人が座ろうとする状態が、顎骨と歯の間で起こっているのが歯列不正です。

椅子にきちんと座るためには、椅子を5人掛けに替えるか(歯列を広げて拡大する)、1人のひとに椅子に座ることを辞退してもらう(歯を抜いて間引きをする、或いは歯をわずかに削って細くする(ディスキング))ことが解決策となります。

前者が抜歯矯正、後者が非抜歯矯正ということになります。

 

抜歯矯正では、歯が確実に並ぶようになりますが、口腔内が狭くなる、口元が引っ込みすぎてボリュームが無くなる等の弊害が生じる可能性があります。

一方、非抜歯矯正では、顎の骨を超えて歯列は広がらないため、無理な非抜歯矯正は歯肉の退縮や知覚過敏が起こったり、前歯が前方に出て出っ歯になる可能性があります。

 

抜歯か非抜歯の境界線、グレーゾーンにあるような症例では、まず非抜歯で行うことが得策です。抜歯をすることは後からでも出来ますが、抜歯したものを後から戻すことは出来ないからです。

したがって、矯正治療は診断と治療計画が非常に重要になります。

 

近年では、矯正治療にインプラントを応用することが増えてきました。

理由は

●治療期間の短縮

●難しい歯の移動を容易にする

●非抜歯矯正への応用

等です。

 

ケースにもよりますが、インプラントを応用することで、以前では抜歯ケースであったものが、非抜歯での治療も可能になっています。

実際の治療例を提示します。

 

治療前。左側上顎犬歯の低位頬側転位(八重歯)と右側上下第一小臼歯の反対咬合を認める。上下の臼歯部咬合関係は2級咬合で、上顎が下顎に対して相対的に前方に位置している。側貌はほぼ理想的であるため、抜歯を行うと前歯が内側に入りすぎ、非抜歯では出っ歯になり、ともに側貌の美しさが損なわれる可能性が高いと判断。口蓋に矯正用インプラントを応用し、上顎歯列全体を遠心移動(後方への移動)することで非抜歯治療を行うこととした。

 

上顎にブラケットを装着しレベリングを行う。左側上顎犬歯部はスペースが全く無いため、オープンコイルを装着してスペースを確保しつつ、正中の補正を行う。

 

治療3か月後。上顎のレベリングが進み、左側犬歯もかなり中に入ってきている。下顎にもブラケットを装着しレベリングを行う。上下の前歯に隙間があり、噛み合わなくなってきているのが分かる。

 

治療5か月後。上下のレベリングがかなり進んでいるのが分かる。上下の正中のずれも改善傾向にある。上顎歯列を後方へ入れるため、口蓋に矯正用インプラントを設置していく。

 

治療7か月後。上下の正中はほぼ一致しているのが分かる。口蓋に矯正用インプラントを設置し、上顎歯列全体を後方に移動していることで、上下前歯部の隙間が少なくなり、噛み合わせが改善しているのが分かる。インプラントによって、短期間でよりダイナミックな歯の移動が起こっている。

 

治療18か月後、ブラケット・オフ。歯列の歪みはなくなり正中が一致し、左右対称の美しい歯列になった。上下の前歯部の隙間はなくなり、緊密に咬合していることが分かる。矯正用インプラントを応用したことで、美しい側貌を維持したまま、非抜歯で治療を行うことが出来た。適材適所でインプラントを応用することは、治療の選択肢の幅を広げることに寄与する。

 

矯正治療において、抜歯か非抜歯かの診断は非常に重要ですし、患者さんにとっても大きな選択になることでしょう。

歯科医療は、すべてが個々の患者さんに固有の診断、治療計画が必要であり、それによって治療結果が大きく変わります。

治療の技術が重要であることは当然ですが、じつはそれ以上に診断・治療計画は重要なものです。

 

家を建てることに例えるなら、大工が一流でも、設計が杜撰であれば、良い家は建ちません。

航海に出かけるのに、航路を決めずコンパスを持たずに船を出すことは決してしません。

 

治療を受けるに際しては、担当の先生と治療計画について十分に相談し納得できることが、治療を成功させるためには重要なのです。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

歯列矯正中は、虫歯に用心を!ブラケットの周りは虫歯になりやすい!

歯列矯正では、歯の表面にブラケットやバンドを装着することが多いと思います。

この装置の周りは、プラーク(歯垢)が残りやすく、お手入れが行き届かない状態が続くと、やがて脱灰して虫歯になります。

 

矯正治療後、ブラケットを外したところ。ブラケットの周りが白く脱灰しており、初期虫歯になっている。このまま脱灰が進行すると、やがて歯に穴が開き、治療が必要になる。

 

初期虫歯であれば、唾液の働きによって再石灰化が望めるので、直ちに治療をする必要性はありません。

歯科医院での高濃度のフッ素塗布は、再石灰化に有効です。

 

歯列矯正治療はブラッシングが非常に難しいので、歯ブラシ以外にも、補助的にワンタフトブラシなどを併用すると良いでしょう。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

矯正治療で歯並びが良くなると、歯と歯の間に隙間ができる!

歯並びが悪く、乱杭歯(凸凹、クラウディング)がある場合、矯正治療で歯並びが良くなると、歯と歯の間に隙間が出来ようになります。

これは歯同士の重なりが紐解けていくことによるもので、歯列矯正で歯を動かすと歯茎(歯肉)がやや退縮する傾向があります。

 

矯正治療中。乱杭歯が強かったため、前歯を1本抜歯して歯を並べている。

 

矯正治療後。歯と歯の間の隙間が顕著。乱杭歯(凸凹)が強いと、このように歯と歯の間に隙間を生じやすい。

 

この歯と歯の間の隙間が気になる場合、歯間部を少し削るディスキングを行い、歯と歯同士を引き合うことによって、隙間を少し減らすことが可能です。

また、隙間の部分にコンポジットレジン(白いプラスチック)を詰めて隙間を少なくする方法もあります。

ただし、コンポジットレジンは経年的に劣化して変色しますし、ブラッシングがしにくくなり虫歯になりやすくなるため、あまりお勧めは出来ません。

あまり気になるようでなければ、そのままいじらず、しっかりとブラッシングによる管理をすることをおすすめします。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

外傷による破折歯の治療法~部分矯正(エクストルージョン)の応用~

上顎の前歯は外傷を受ける頻度が高い部位です。

転倒やスポーツ、交通事故などで前歯をぶつけるケースは少なくありません。

歯が外傷を受けると、歯の神経が失活して(死んでしまうこと)変色したり、破折や脱臼(歯の位置異常)をおこすことがあります。

 

わずかな歯の破折では、歯の研磨や、コンポジットレジン(プラスチック)を充填するだけで大丈夫なことが多いでしょう。

しかし、歯の神経が露出するほど大きく破折した場合には、補綴(ほてつ;歯を被せること)や抜歯が適応になることもあります。

骨の中の深いところで破折した場合には、歯を温存することが難しいですが、比較的浅いところで破折した場合には、部分矯正を利用して保存が可能です。

 

初診時。顔面にテニスラケットを強打し、上顎の前歯が骨縁下で破折。診査・診断により、歯の保存が可能と判断し、根管治療を行った。

 

歯根を歯槽骨の中から引っ張り出す(これをエクストルージョンという)ため、舌側に矯正装置を装着した。装置は表側からは一切見えない。1~2週間おきにゴムを交換し、徐々に歯根を引っ張り出していく。

 

エクストルージョンが済んだところで、歯根にコア(土台)と仮歯を装着。さらに、歯をより厳密に動かすためにブラケットを装着して部分矯正を行う。

 

治療後。保定期間を経て、仮歯をセラミッククラウンで補綴し、審美性も回復した。歯を抜かずに治療できた価値は高い。

 

通常では保存が難しいと思われる歯であっても、状況によっては、さまざまな手法を使うことによって歯を抜かずに保存することも可能です。

もし、歯の抜歯宣告を受けた場合でも、セカンドオピニオンでは抜歯を回避できる提案を受けることができるかもしれません。

諦めずにそのような歯科医院を探す努力が必要です。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:口腔外科, 審美歯科, 矯正歯科

インプラントの矯正治療への応用

歯並びで悩んでいる成人の方は少なくないと思います。

見た目のことはもちろん、発音が悪い、歯磨きがしにくい、歯が頬や唇の粘膜にあたっていつも口内炎ができるなど、歯列不正は多くの問題を引き起こします。

矯正治療はお子さんが受ける治療と考えている方がとても多いですが、決してそんなことはありません。

大人でも、高いモチベーションがあれば、矯正治療は可能です。

 

しかし、大人の方が矯正治療を受けようとする場合、様々な問題を抱えていることが少なくありません。

虫歯や歯周病、歯の欠損、根管治療不良、噛み合わせ不良など、歯並びを改善する前にするべき治療がたくさんあるのです。

奥歯を支えにして前歯を動かす矯正治療の性質上、奥歯が無いケースでは、基本的に前歯を動かすことが出来ません。

このため、矯正治療の前に奥歯を入れる必要があるのですが、ここでインプラントが威力を発揮するのです。

 

治療前。前歯にクラウディング(乱杭歯、叢生)を認める。奥歯は虫歯がひどく、すでに歯が崩壊している。このようなケースでは、まず歯周病治療および保存不可能歯の抜歯を行い、口腔内の環境を改善する必要がある。

 

矯正治療前。抜歯後、臼歯部にインプラントを埋入した。一度入れたインプラントは場所を動かすことが出来ないため、矯正治療を行う場合は、歯を理想的な場所に動かすことを想定してインプラントを埋入しなければいけない。

 

インプラントに仮歯を装着し、噛み合わせを改善。歯と仮歯にブラケットを装着し、歯を動かしていく。インプラントは骨と強固に結合するため、強力な固定源(アンカー)となる。

 

矯正治療後。左右対称な美しい歯列になっているのが分かる。奥歯のインプラントを固定源としたことで、歯を理想的な場所に動かすことが出来た。噛み合わせの調整をしっかりと行い、奥歯の仮歯を最終補綴に代えていく。

 

治療後。歯列の後戻りを防止するために、舌側に保定のための固定式リテーナーを装着。奥歯を最終補綴し、何でもしっかりと咀嚼できるようになった。

 

成人の方でも、きちんと治療計画を立て、あらゆる治療を駆使すれば、より良く治ることが出来るのです。

矯正治療に年齢制限はありません。

歯並びでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

歯並びと舌房(舌を置くスペース)~舌房が狭いと、体調が悪くなり易い~

歯並びは遺伝的な影響を強く受けると考えられています。

例えば、下顎前突(受け口)などはその典型で、ドイツ系貴族の家系であるハプスブルク家は、血縁制度を利用した政略結婚によって近親者の結婚を繰り返した影響により、18代・45人にわたり下顎前突が遺伝的に発現したことで知られています。

一方で、後天的な影響によって歯列不正が起こることもあります。

その一つに、食習慣や咀嚼の影響が挙げられます。

 

下顎の鞍状歯列弓。下顎臼歯が舌側(ぜっそく;内側)に倒れこみ、歯列が鞍状を呈する。歯列弓が狭いと舌を置く場所がなくなり、舌は後方へ追いやられる。この結果、気道が狭くなり、慢性的な酸素不足をきたしやすい。

 

奥歯が舌側に倒れこむのは、下顎の顎運動との関連が示唆されています。

顎運動には、下顎を主に上下縦方向に動かすチョッピング・タイプと、主に水平方向に動かすグラインディング・タイプ、そしてその両方を行うタイプに分けられます。

奥歯が内側に倒れこまず、きちんと真っ直ぐに萌出するには、グラインディング・タイプが有利であることが分かっています。

下顎がグラインディング(食べ物をすり潰す前後左右への下顎の運動)を行うことによって、臼歯部は正しく真っ直ぐと萌出するようになるのです。

これは、噛み応えのある食べ物をすり潰すときに行う顎運動です。

 

一方、あまり咀嚼しなくても食べられる軟食の場合には、下顎はすり潰す顎運動をする必要がありません。

このようなチョッピング・タイプが主体の咀嚼習慣は、臼歯部の正しい萌出が促されず、舌側に傾斜すると考えられています。

つまり、咀嚼習慣によっても歯列や歯並びが影響を受けるのです。

 

臼歯が舌側に倒れこむと、舌房(舌を置くスペース)が狭くなり、舌は必然的に後方(喉の方)に下がります。

舌が後方へ下がると、気道が塞がれ十分な酸素を取り入れることが難しくなります。

酸素不足の状態が続くと、頭痛やめまい、倦怠感、記憶力や集中力の低下など、体調不良を引き起こす原因になるのです。

 

特に、成長期の食習慣は非常に重要であり、栄養面だけでなく、歯並びや顔貌の左右対称性、さらには記憶力や精神の発達等、心身の発育に強い影響を及ぼします。

ぜひ、お子さんの食習慣を見直し、美しい歯並びや顔立ち、そして健全な心身の発育をサポートしていきましょう。

 

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科, 食養生

詳解!歯列矯正治療の流れ(抜歯矯正編)

歯列不正の原因の多くは、歯と顎の大きさのディスクレパンシー(不調和)にあります。

元来、歯の形や大きさなどの形質は遺伝的素因によって決定されると考えられていましたが、現代の恵まれた栄養摂取により、歯の大きさは大きくなってきていることが分かっています。

一方で、加工食品や調理方法の発達で、現代では咀嚼回数の減少が顕著なものになっています。

咀嚼の減少が、歯の萌出や歯列形態、咀嚼筋や顎骨の発達などに影響を及ぼし、歯列不正の一因となっています。

 

今回は、クラウディング(叢生、乱杭歯、凸凹)による歯列不正の治療例を解説します。

患者さんは50代女性、前歯の凸凹を主訴に来院されました。

上顎側切歯の反対咬合、左側第二小臼歯の反対咬合を認めます。

非抜歯で歯列矯正を行うと、前歯が前方に出て、出っ歯になってしまうケースですので、上下左右の小臼歯を4本抜歯して矯正治療を行うこととしました。

 

初診時。上顎の側切歯が内側に入り反対咬合を呈する。左側下顎第二小臼歯は頬側に出て、反対咬合を呈しているのが分かる。

 

治療開始時。まず、上顎の左右第一小臼歯を抜歯し、犬歯(糸切り歯)を後方に牽引していく。ここでは、犬歯だけを選択的に動かすため、あえてセクショナルアーチ(部分的なワイヤー)を使用。

 

1か月後。上顎犬歯のリトラクション(後方移動)を継続。下顎の左右小臼歯を抜歯し、ブラケットを装着。下顎右側犬歯と左側第一小臼歯のリトラクションを行っていく。

 

2か月後。上顎犬歯のリトラクションが進み、側切歯との間に隙間が見られる。引き続き、上下ともリトラクションを進める。

 

3か月後。上顎前歯部にもブラケットを装着し、レベリング(歯の高さや凸凹、ねじれ等を整えていくこと)を行っていく。上下とも、リトラクションは継続。

 

4か月後。さらに上下ともリトラクションを継続。ワイヤーサイズを徐々に上げ、太く弾性の強いワイヤーに変えていく。

 

5か月後。上下ともリトラクションがかなり進み、上顎側切歯の反対咬合も改善している。歯が動く過程で、臼歯部の噛み合わせが甘く(悪く)なっているのが分かる。これは一時的なものなので心配はない。

 

6か月後。ワイヤーをさらにサイズアップし、リトラクションを継続。歯の傾斜やねじれを積極的に修正していく。

 

7か月後。リトラクションを継続。ワイヤーの歪みがかなり少なくなっているのが分かる。

 

8か月後。上下4前歯のリトラクション(後方移動)を行う。抜歯矯正による前歯のリトラクションでは、前歯部の噛み合わせが深くなりやすい(バーチカル・ボーイング・エフェクト:弓なり効果)ので注意が必要。

 

9か月後。リトラクションを継続。抜歯スペースがかなり閉鎖されており、前歯が後方に移動しているのが分かる。前歯部の噛み合わせはさらに深くなっている。

 

10か月後。前歯のリトラクションを一旦休止し、過蓋咬合となった上下前歯の圧下(歯を骨の中に沈めていくこと)を図り、咬合平面を修正していく。

 

11か月後。引き続き、上下前歯の圧下による咬合平面の修正を行う。

 

12か月後。上下前歯の圧下が進んできたため(過蓋咬合が改善)、前歯のリトラクション(後方移動)を再開。

 

13か月後。引き続き、前歯部のリトラクションを継続。

 

14か月後。上顎前歯のリトラクションの為に、上下の歯にエラスティックと呼ばれるゴムを装着。これを24時間使用する。

 

15か月後。下顎の抜歯スペースはほぼ消失。上顎前歯のリトラクションを継続していく。臼歯部の噛み合わせがかなり緊密になってきているのが分かる。

 

16か月後。上顎右側の抜歯スペースは消失しているが、左側にはまだスペースが残っているため、引き続きリトラクションを継続。

 

17か月後。引き続き、上顎左側のスペースを閉じるようにリトラクションを継続。

 

18か月後。抜歯スペースが完全に閉じているのが分かる。ここから、噛み合わせの緊密化を図るために微調整を加えていく。

 

19か月後。上下の歯の正中(真ん中)もピッタリと一致している。前歯の噛み合わせがやや深い(過蓋咬合)ので、ワイヤーによるバイトオープニング(噛み合わせ深さを浅くすること)を図る。

 

20か月後。引き続き、バイトオープニングを図る。

 

21か月後。さらにバイトオープニングを図る。必要に応じて咬合調整を行い(歯の噛み合わせ調整)、噛み合わせの緊密化を図る。

 

22か月後。ブラケットオフ時。凸凹であった前歯はきれいに並び、前歯・臼歯ともに緊密な噛み合わせになっているのが分かる。矯正治療の仕上がりは、最終的な咬合関係の良否で決まる。このあと、歯の後戻りを防止するために、保定に入る。

 

 

現代の矯正治療は、器具やシステムの進化により、歯を動かすこと、並べることは、昔と比べてはるかに容易になっています。

しかしながら、矯正治療後の仕上がりは、治療を受ける医院やDrによってかなりのばらつきがあるのが現実です。

 

また、近年では、治療しているのが目立たないという理由でマウスピース矯正を希望される患者さんが増えています。

マウスピース矯正をしている患者さんをたくさん見てきましたが、明らかに適応ではないと思われる症例が多いと感じています。

無理に非抜歯で治療を行っているため、予定通りに治療が進まないばかりか、前歯が突出して出っ歯になっているケースが目立ちます。

中には、非抜歯で2年間もマウスピースで矯正をしながら、やっぱり抜歯しないと揃わないと言われたりすることもあるようです。

 

抜歯か非抜歯かの選択は、もちろん患者さんの希望は重要ですが、あくまでも医学的にきちんと歯が並ぶか、噛み合わせが整うかという根拠によることがより重要です。

歯並びが良くなっても、出っ歯になって歯茎が退縮したり、顔貌や噛み合わせがかえって悪くなるケースが現実に存在しています。

したがって、矯正治療に際しては、最初の診査・診断、そして治療計画が最も重要ということになるのです。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map