〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

カテゴリ: 審美歯科

保険の差し歯のブラックマージンをオールセラミックで自然な色合いに!

差し歯と歯茎の境目が黒くなるブラックマージン。

特に、保険の差し歯は歯との適合が悪く、ブラックマージンになりやすいです。

ブラックマージンを改善するためには、基本的に差し歯をやり替える必要があります。

 

治療前。前歯の審美障害を主訴に来院。左上の前歯に保険の差し歯が入っているが、適合が悪く、歯と歯茎の境目が黒くなっている(ブラックマージン)。差し歯の色も自分の歯と全然合っていない。

 

治療後。根管治療を精密に行い、差し歯をオールセラミッククラウンにて被せなおした。歯に縞模様や白帯(バンディング)があり難しい色合いであったが、自然で調和のとれた仕上がりになっている。

 

歯の神経が無くなると、歯の色が黒くなったり、金属が入っているとイオン化して歯に変色が起こったりします。

歯そのものが変色していると、一度被せなおしても、歯茎が痩せると将来ブラックマージンが再発します。

また、金属の被せ物やコア(土台)の削りカスが歯茎に迷入すると金属イオンが沈着し、歯茎の色が黒くなることもあります。

このような場合には、差し歯をやり替えても、歯茎の黒ずみは治らないので、歯茎の切除や移植が必要になることもあります。

このようなトラブルにならないためにも、毎日のセルフケアと定期的な検診による虫歯予防は欠かせないのです。

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 審美歯科, 審美歯科

歯茎の黒ずみをセラミッククラウンできれいに!~ブラックマージンの改善は、差し歯のやり替えが必要~

前歯に被せ物を入れたあと、数年経ってから歯と歯茎の境目が黒くなってしまうことがあります。

これをブラック・マージンと呼んでいます。

 

左上中切歯(向かって右)に入っている保険の差し歯。差し歯の色は変色しており、歯と歯茎の境目が黒くなっている(ブラックマージン)。

 

特に、金属を使った保険の被せ物では歯の透明感が無く、構造上ブラックマージンになるのは必至です。

また、歯茎が痩せてくると、被せ物と歯根の境目が露出するため、黒く見えるようになります。

ブラックマージンになってしまった場合には、これを改善するには被せ物をやり替える必要があります。

 

治療後。両隣在歯も含めてオールセラミッククラウンで治療を行った。金属を使わないので、ブラックマージンにはなりにくい。

 

神経を取った歯では、歯根の色そのものが黒く変色することがあります。

このような場合、一度セラミックで治療をしても、歯茎が痩せて(下がって)しまうと、被せ物と歯根の境目が再び露出し、ブラックマージンが再発します。

したがって、適切なブラッシングの励行と定期的なメンテナンスを受けることで、歯周病を予防することが、ブラックマージンを再発させないためには重要となります。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 審美歯科

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map