〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-14:00/15:00-19:00
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は


※お急ぎの方はお電話ください。

カテゴリ: コラム

樋状根(といじょうこん)の根管治療は、難しい

樋状根(といじょうこん)とは、主に下顎の大臼歯の特徴的な歯根形態のことを指します。

樋状根は、その名の通り、歯根の断面が雨樋の形(C型)をしていることからこのように呼ばれています。

日本人における下顎第二第大臼歯での発現頻度は高く、全体の28.9%ほどであるという研究結果があります。

この樋状根は、特殊な形態をしており、根管の内部が扁平であるために、根管治療が非常に難しい歯です。

このため、樋状根では根管治療における失敗や予後不良がよく見られます。

 

典型的な樋状根。予後不良のため抜歯した。頬側からは歯根が1本に見える。

 

 

樋状根舌側。歯根の横に穴が開いているのが分かる(パーフォレーション)。樋状根の根管治療は難しいため、しばしばこのような失敗が見られる。

 

大臼歯の根管治療は非常に難易度が高く、治療の失敗は即抜歯になる可能性が高いと言えます。

ですから、根管治療をお受けの際には、歯科医院選びがとても重要なのです。

 

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 根管治療

インレー・ブリッジのメリットとデメリットについて

歯を抜いた後、抜いた部分を補うために、人工歯を入れるためにブリッジにすることがあります。

ブリッジは、抜いた歯の両隣の歯を削り、繋がった被せ物を装着する治療法です。

本当は、自分の健康な歯はなるべく削らないほうが良いので、インプラントのほうが望ましいのですが、費用の都合やご希望によって、やむを得なくブリッジすることと思います。

 

通常、ブリッジにする場合、歯を被せる形に削り、歯に被せ物(クラウン)を装着します。

ただ、クラウンは歯を削る量が多いため、歯科医師によっては詰め物(インレー)でブリッジを行うことがあります。

 

ブリッジは、支台になった歯がそれぞれ異なる動きをするため、外れる応力が加わりやすい欠点があります。

クラウンでは、このブリッジの外れる応力に抵抗できるのですが、インレーでは接着面積が小さいため、ブリッジが外れやすいのです。

 

左下のブリッジの部分の痛みを主訴に来院。大臼歯がクラウン、小臼歯がインレーのブリッジが装着されている。

 

診査・診断にて、インレー部分が脱離していると判断。ブリッジを外して確認を行う。

 

クラウンとダミーの間で切断したところ、やはりインレー部分が脱離していた。

 

ブリッジは歯が繋がっているため、どちらか一方に問題を生じても、完全には外れてこない。このため、異常に気が付いたときには、問題が大きくなっていることが多い。このケースでも、内部で虫歯が広がっていたため、神経を取る治療が必要になってしまった。

 

インレーのブリッジは、外れやすいため、結果として短期間で再治療に繋がり、歯もダメにしてしまいます。

削る量が多いようでも、ブリッジにする場合には、クラウンの形態にした方が結果としてブリッジも自分の歯も長く持ちます。

治療の方法に疑問を感じたら、遠慮せずに担当の先生にご相談しましょう。

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 補綴(クラウン・ブリッジ)

根管治療後の痛みについて

根管治療後には、痛みを生じることが少なくありません。

特に、歯の神経を取った(抜髄;ばつずい)時、歯根の先端に病巣(根尖病巣;こんせんびょうそう)があるとき、根管の中に薬を入れたとき(根管充填;こんかんじゅうてん)などは、特に痛みを生じやすいです。

これは、歯根の先端部を治療器具や薬で刺激するためで、多くの場合一過性であるため心配はありません。

症状が強い時には、鎮痛剤を服用して様子を見ます。

 

左下6番の根管治療例。根管治療が不完全で、根管充填が歯根の先端まできちんとされていない。このため、歯根の先端部は炎症により骨が溶け、黒く透過しているのが分かる。大臼歯の根管治療は特に難易度が高いため、このような治療例が非常に多い。不完全な根管治療は歯をダメにし、将来抜歯になるリスクが極めて高い。

 

根管治療後。根管内部を完全に清掃・消毒し、根管充填を行った。歯根の先端部まで白くしっかりと根管充填されているのが分かる。根管充填後には、一時的に「根充痛;こんじゅうつう」呼ばれる痛みが出る場合が多い。これは、薬が歯根の先端までしっかりと詰まるために生じるが、自然緩解するので心配はない。

 

実は、根管治療時に痛みを生じないように処置をすることは簡単です。

歯根の先端まで触らなければ良いからです。

でも、これでは歯根の先端まで完全に清掃・消毒をすることは出来ないため、数か月~数年後に痛みや歯茎の腫れ、咬合痛(噛んだ時の痛み)を生じる可能性が高くなります。

 

きちんとした根管治療を行っている歯科医院では、治療前後の根管治療の状態をレントゲンを提示しながら丁寧に説明してくれるはずです。

これは、治療に自信があるからに他なりません。

そして、治療後に痛みが生じる可能性についてもきちんと説明されるでしょう。

場合によっては痛み止めを処方されるかもしれません。

正しく根管治療が行われた結果の痛みであれば、痛みは2、3日~1週間ほどで自然に緩解するので心配はありません。

もし、歯茎に腫れを生じるような場合には、抗生剤の処方が必要なこともありますので、担当の先生にご相談すると良いでしょう。

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 根管治療

ホームホワイトニングで白く美しい口元に!

明眸皓歯(めいぼうこうし)という言葉をみなさんご存じでしょうか?

明眸皓歯は「澄んだひとみと白い歯」という意味の四字熟語で、美人を形容する言葉として古来より使われてきました。

やはり、白くきれいな歯は、その人の印象を左右すると言っても良いでしょう。

 

ご自身の歯の色を白くするする方法には、

①ホワイトニング(漂白)

②ラミネートべニアやセラミッククラウンによる補綴(ほてつ;被せること)

の二つがあります。

 

当然ですが、歯の色を白くするためだけに、歯を削ってラミネートべニアやセラミッククラウンにすることは、当院ではおすすめしていません。

歯は削ったところからダメになるため、虫歯でなければなるべく削らないほうが賢明です。

ホワイトニングには、自宅で行うホームホワイトニングと、病院で行うオフィスホワイトニングがあります。

今回は、ホームホワイトニングのケースをご紹介します。

 

術前。全体的にグレー色で、歯に縞模様(バンディングという)を認める。歯頚部(しけいぶ;歯の歯茎寄り)は象牙質の色を反映し、やや黄色味が強い。ホワイトニングでは、比較的白くなりにくいケース。

 

ホームホワイトニング後。全体的に色のトーンが上がり、白く美しい口元になった。バンディングはホワイトニングでは消えにくい。歯頚部の色もやや白くなりにくい。

 

ホームホワイトニングは、ホワイトニングトレーに薬剤を入れ、30~60分ほど歯に薬剤を作用させます。

ホームホワイトニングは、濃度の低いホワイトニング剤を着色した歯の内部に作用させ、歯を内側から漂白します。

このため、ホワイトニング効果が長く続き、色の後戻りも緩徐です。

 

ご自分の時間のある時に、いつでもホワイトニングができますし、知覚過敏が出た場合にも、ホワイトニングの時間や期間を調整できます。

また、歯型が変わらなければ、ホワイトニングを継続的にご自宅で行うことも可能です。(リタッチ)

ホワイトニングにご興味のある方は、ぜひ経験豊富な当院スタッフまでお問合せください。

デンタルリテラシーを高めるためのブログはこちら

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, ホワイトニング

難治性の根尖病巣~歯根肉芽腫と歯根嚢胞~

根尖病巣(こんせんびょうそう)とは、歯根の先端にできる病巣・病気のことを指します。

通常、健康な歯の内部には神経が通っており(これを歯髄(しずい)という)、歯の栄養と知覚を司どっています。

虫歯が大きくなったり歯の外傷によって、この神経の部分にバクテリアが入り込んだり、あるいは壊死(えし)したりすると、バクテリアやバクテリアが産生する毒素により、歯根の先端に炎症が起こります。

この状態を、根尖病巣と呼んでいます。

 

ところで、根尖病巣は不適切な根管治療でも生じます。

根管治療をしてある歯であっても、歯の内部(根管)をきちんと清掃・消毒していない、あるいはきちんと薬を詰めていない(根管充填していない)ことでも、根尖病巣を生じてしまいます。

 

根管治療は、一般の方が考えているよりも遥かに難しい治療であり、その技術の習得は簡単ではありません。

そして、わが国の健康保険制度にあっては、この根管治療の評価は極めて低く、きちんと治療を行おうとすればするほど不採算となってしまいます。

たくさんの患者さんを診ないと歯科医院の運営が成り立たない保険診療では、根管治療がきちんと行われていることはほとんどありません。

 

通常、根尖病巣は適切な根管治療を行えば治癒します。

しかしながら、何ら症状が無く根尖病巣が長期間放置されたような場合、より難治性の歯根肉芽腫しこんにくがしゅ)や歯根嚢胞(しこんのうほう)へと移行してしまいます。

歯根肉芽腫や歯根嚢胞では、外科的に病巣を取り除かなけらばならない場合もあります。

 

右側下顎小臼歯部の歯茎の腫れ。根管治療を数回行うも、頬側の歯茎の腫れが改善しない。難治性と判断し外科的に病巣を切除することにした。

 

根管治療をしっかりと行った後、歯茎を切開・剥離して病巣を取り除いた。

 

取り除いた小指の爪大ほどの歯根嚢胞。

 

歯根嚢胞の摘出後。歯茎の腫れは無事に治まっているのが分かる。

 

歯茎の腫れは、そこに炎症がある兆候なので、そのまま補綴(ほてつ:被せること)を行ってはいけません。

これは、歯周病であれ根尖病巣であれ同じことです。

仮に難治性であったとしても、手を尽くせば治る可能性はあるのです。

まずは、担当の先生と治療方針や予後についてしっかりとご相談されることをおすすめします。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 根管治療

矯正治療で歯並びが良くなると、歯と歯の間に隙間ができる!

歯並びが悪く、乱杭歯(凸凹、クラウディング)がある場合、矯正治療で歯並びが良くなると、歯と歯の間に隙間が出来ようになります。

これは歯同士の重なりが紐解けていくことによるもので、歯列矯正で歯を動かすと歯茎(歯肉)がやや退縮する傾向があります。

 

矯正治療中。乱杭歯が強かったため、前歯を1本抜歯して歯を並べている。

 

矯正治療後。歯と歯の間の隙間が顕著。乱杭歯(凸凹)が強いと、このように歯と歯の間に隙間を生じやすい。

 

この歯と歯の間の隙間が気になる場合、歯間部を少し削るディスキングを行い、歯と歯同士を引き合うことによって、隙間を少し減らすことが可能です。

また、隙間の部分にコンポジットレジン(白いプラスチック)を詰めて隙間を少なくする方法もあります。

ただし、コンポジットレジンは経年的に劣化して変色しますし、ブラッシングがしにくくなり虫歯になりやすくなるため、あまりお勧めは出来ません。

あまり気になるようでなければ、そのままいじらず、しっかりとブラッシングによる管理をすることをおすすめします。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

インプラント治療の優位性~なぜ歯医者はインプラントを勧めるのか?~

歯を失った場合、そのままにしておくと残っている自分の歯が移動して、噛み合わせの崩壊が起こります。

したがって、歯を抜いたら、基本的には人工の歯を入れる必要があります。

多くの場合、何らかの原因で奥歯がダメになって抜歯となり、次いで下顎の前歯が上顎の前歯を突き上げて噛むようになって上顎の前歯がダメになります。

これは、力学的な問題であり、奥歯の噛み合わせがしっかりしていないと、上顎の前歯に負担がかかることを意味しています。

奥歯の噛み合わせが崩壊していて、上顎の前歯を治したいと訴える患者様が時々いますが、順番から言うと治すべきはまず奥歯なのです。

奥歯がしっかりと噛みあっていなければ、いくら費用をかけて治しても、前歯は時間の問題でダメになってしまいます。

 

また、奥歯の噛み合わせの崩壊は、頭痛や首こり、肩こりなどの原因にもなります。

ですから、治療計画を考える上で、奥歯の治療はとても優先順位が高いと言えます。

 

そして、歯を入れる方法がとても重要です。

歯を失った場合、歯を入れる方法は主に次の3通りです。

①入れ歯

②ブリッジ

③インプラント

 

入れ歯は、使用していると徐々に緩くなって合わなくなったり、噛み合わせが減ってしまうため、結局は前歯が強く当たるようになりダメになります。

入れ歯を掛けている歯も揺らされるため、やがては抜歯になる運命です。

 

ブリッジはとてもポピュラーな治療法ですが、ブリッジを掛けた歯の負担が重くなり、歯根の破折や咬合性外傷になって骨が溶け、歯がダメになります。

そもそもブリッジは、残っている自分の歯がしっかりとしていなければいけませんし、欠損した両隣に歯が残っていなければブリッジにはできません。

 

この点、インプラントは噛み合わせをしっかりと与えることができ、噛み合わせがすり減ることもないので、本来の前歯を守る役目をしっかりと果たしてくれます。

ブリッジのように、両隣に歯が残っていなくても問題なく、自分の歯に負担をかけることもないため、現在では、欠損補綴の第一選択となっています。

 

下顎の両側遊離端欠損(奥に歯が残っていないケース)。片側に2本づつインプラントを埋入し、インプラントでのブリッジを計画した。写真はチタンアバットメントを装着したところ。以前は、1歯欠損に対して1本のインプラントを埋入することが主流であったが、現在ではメンテナンスの容易さ、費用対効果、インプラント自体の強度の向上等により、インプラントでのブリッジも可能。

 

模型上で制作されたチタンアバットメント。インプラントとセラミッククラウンなどの上部構造を繋げる役目がある。

 

チタンアバットメントの上部に制作されたジルコニア・オールセラミックブリッジ。現在セラミックの主流となっているジルコニアは、強度が非常に高いため破損しにくく、噛み合わせ高さをしっかりと保ちつつ、高い審美性も獲得できる。

 

ジルコニア・オールセラミックブリッジ。金属を使用しないので破損しにくく、審美性も優れている。

 

治療後。奥歯がしっかりと入ることによって、前歯の負担が著しく改善した。噛み合わせも安定し、何でもしっかりと食べられるようになるとともに、頭痛や首こり、肩こりなどの不定愁訴が改善されることも珍しくはない。ジルコニアブリッジによる補綴により、審美的にも満足のいくものとなっている。

 

治療方法を決めるにあたっては、何に重きを置くかは大きな問題です。

治療費、治療期間、治療に対する不安、審美性、治療効果の永続性など、ヒトそれぞれ希望は異なります。

現在、歯を失った場合の治療法で最も優れていると思われるのは、インプラント治療であることはほぼ間違いないでしょう。

しかし、最も重要なことは、受ける治療がご自身の希望に適う治療であるということです。

治療の結果は、最終的には治療法を選択した患者さんに帰すからです。

治療法で迷われたら、納得のいくまで担当の先生と相談されることをおすすめします。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:インプラント, コラム

外傷による破折歯の治療法~部分矯正(エクストルージョン)の応用~

上顎の前歯は外傷を受ける頻度が高い部位です。

転倒やスポーツ、交通事故などで前歯をぶつけるケースは少なくありません。

歯が外傷を受けると、歯の神経が失活して(死んでしまうこと)変色したり、破折や脱臼(歯の位置異常)をおこすことがあります。

 

わずかな歯の破折では、歯の研磨や、コンポジットレジン(プラスチック)を充填するだけで大丈夫なことが多いでしょう。

しかし、歯の神経が露出するほど大きく破折した場合には、補綴(ほてつ;歯を被せること)や抜歯が適応になることもあります。

骨の中の深いところで破折した場合には、歯を温存することが難しいですが、比較的浅いところで破折した場合には、部分矯正を利用して保存が可能です。

 

初診時。顔面にテニスラケットを強打し、上顎の前歯が骨縁下で破折。診査・診断により、歯の保存が可能と判断し、根管治療を行った。

 

歯根を歯槽骨の中から引っ張り出す(これをエクストルージョンという)ため、舌側に矯正装置を装着した。装置は表側からは一切見えない。1~2週間おきにゴムを交換し、徐々に歯根を引っ張り出していく。

 

エクストルージョンが済んだところで、歯根にコア(土台)と仮歯を装着。さらに、歯をより厳密に動かすためにブラケットを装着して部分矯正を行う。

 

治療後。保定期間を経て、仮歯をセラミッククラウンで補綴し、審美性も回復した。歯を抜かずに治療できた価値は高い。

 

通常では保存が難しいと思われる歯であっても、状況によっては、さまざまな手法を使うことによって歯を抜かずに保存することも可能です。

もし、歯の抜歯宣告を受けた場合でも、セカンドオピニオンでは抜歯を回避できる提案を受けることができるかもしれません。

諦めずにそのような歯科医院を探す努力が必要です。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:口腔外科, 審美歯科, 矯正歯科

インプラントの矯正治療への応用

歯並びで悩んでいる成人の方は少なくないと思います。

見た目のことはもちろん、発音が悪い、歯磨きがしにくい、歯が頬や唇の粘膜にあたっていつも口内炎ができるなど、歯列不正は多くの問題を引き起こします。

矯正治療はお子さんが受ける治療と考えている方がとても多いですが、決してそんなことはありません。

大人でも、高いモチベーションがあれば、矯正治療は可能です。

 

しかし、大人の方が矯正治療を受けようとする場合、様々な問題を抱えていることが少なくありません。

虫歯や歯周病、歯の欠損、根管治療不良、噛み合わせ不良など、歯並びを改善する前にするべき治療がたくさんあるのです。

奥歯を支えにして前歯を動かす矯正治療の性質上、奥歯が無いケースでは、基本的に前歯を動かすことが出来ません。

このため、矯正治療の前に奥歯を入れる必要があるのですが、ここでインプラントが威力を発揮するのです。

 

治療前。前歯にクラウディング(乱杭歯、叢生)を認める。奥歯は虫歯がひどく、すでに歯が崩壊している。このようなケースでは、まず歯周病治療および保存不可能歯の抜歯を行い、口腔内の環境を改善する必要がある。

 

矯正治療前。抜歯後、臼歯部にインプラントを埋入した。一度入れたインプラントは場所を動かすことが出来ないため、矯正治療を行う場合は、歯を理想的な場所に動かすことを想定してインプラントを埋入しなければいけない。

 

インプラントに仮歯を装着し、噛み合わせを改善。歯と仮歯にブラケットを装着し、歯を動かしていく。インプラントは骨と強固に結合するため、強力な固定源(アンカー)となる。

 

矯正治療後。左右対称な美しい歯列になっているのが分かる。奥歯のインプラントを固定源としたことで、歯を理想的な場所に動かすことが出来た。噛み合わせの調整をしっかりと行い、奥歯の仮歯を最終補綴に代えていく。

 

治療後。歯列の後戻りを防止するために、舌側に保定のための固定式リテーナーを装着。奥歯を最終補綴し、何でもしっかりと咀嚼できるようになった。

 

成人の方でも、きちんと治療計画を立て、あらゆる治療を駆使すれば、より良く治ることが出来るのです。

矯正治療に年齢制限はありません。

歯並びでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:コラム, 矯正歯科

歯茎(歯肉)の腫れの原因~クラウンの不適合~

歯茎(歯肉)が腫れる原因はいくつかあります。

①清掃不良(ブラッシング不足)

②歯周病

③根尖病巣(根管治療の不具合)

④歯根破折

⑤パーフォレーション(穿孔、根の横に穴が開いている)

⑥被せ物(クラウン)や詰め物の不適合

 

これらの中で、ご自身の自助努力で歯茎の腫れが改善できるのは清掃不良によるものだけです。

それ以外のものは、根本的に治療を行わなければ歯茎の腫れは改善しません。

 

治療前。上顎前歯に被せ物が入っているが、歯との適合が悪いため歯茎が炎症を起こし腫れている。バクテリアは、ほんのわずかな隙間や段差でも入り込むため、被せ物や詰め物が不適合だときちんと清掃できず、歯茎が炎症を起こす。

 

治療後。根管治療をきちんと行った後、オールセラミッククラウンで被せなおしをした。精密な被せ物は、歯茎との調和も良く、歯茎の腫れや赤みが改善しているのが分かる。審美的にも満足のいくものになっている。

 

歯茎の炎症の兆候は、歯茎からの出血、発赤、腫脹、痛みなどがあります。

歯茎の炎症をそのまま放置すると、やがて炎症は骨に達し、歯槽骨が溶けて歯周病に発展します。

基本的に、適合性の悪いクラウンはやり替えが必要でしょう。

神田の歯医者 神田デンタルケアクリニック

日付:  カテゴリ:歯周病

診療内容

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map